9月

気付けばもう9月。
今日は毎年恒例のサンマ祭りで、朝の出勤の際も東口は
すごいことになっていました。

今年のサンマは例年より小ぶりにもかかわらず、価格は高いみたいですね。

ところでユーズド家具の魅力といえば?

新品の家具より安く買えると思う方も多いと思いますが、
もう一つの魅力はすでに廃盤になってしまって新品では買えないものが
買えるということではないでしょうか?

最近D店入荷した物では
ド定番ですが、

IMG_2338.jpg
”HERMAN MILLER"
Vintage Side Shell Chair


現行でも販売されていますが、
1955年から70年代まで製造されていた通称
「セカンドモデル」と呼ばれているものです。
ロゴのエンボスもすべて大文字だったり、脚をとめる為のマウントも
ワイドとナローの2か所あったりと、今新品では買えない仕様です。
IMG_2339_201709101506345e2.jpg


そして、
IMG_2340.jpg
"60 VISION"
KOTOBUKI
Center Table Square & 2 Side Chair Set


柳宗理デザインのテーブルと、サイドチェアがセットで入荷しています。
日本でFRP製品を作り続けてきたメーカー[コトブキ]が、
主に60年代に販売していたアイテムを[KOTOBUKI60]として復刻・再販売していたものです。
IMG_2342.jpg


こちらも現在は製造、販売されていないので、ユーズドで探すしかありません。
IMG_2341.jpg

IMG_2343.jpg

チェア単体で入荷することはありましたが、今回は同じ足のデザインの
テーブルもセットで入荷していますのでお早めにご検討ください。
IMG_2344.jpg

続いて、
IMG_2337.jpg
"AP-Stolen"
KASTRUP Chair


木製家具が多いハンス・J・ウェグナーですが、
珍しいスチール脚のカストラップチェア。

世界一美しいと言われているデンマークのカストラップ国際空港の為に
デザインされた椅子で、別名「エアポートチェア」とも呼ばれています。

カストラップシリーズはスツールからスイヴェルタイプのものまで
10種類のデザインがあり、最初にAPストーレン社、その後にヨハネス・ハンセン社が
製造していましたが、2社とも廃業してしまい、ラウンジタイプはカールハンセン社から復刻されていますが、
チェアのタイプは現在では生産されていません。
ヨハネス・ハンセンの物は金属製のプレートが付きますが、
APストーレンの物は刻印がないことが多く、こちらはAPストーレンのものだと思います。

今回、グレーとレッド、各1脚ずつ入荷しています。
IMG_2336.jpg


最後は
IMG_2346.jpg
”Magnus Olsen"
4521 Easy Chair


1968年にデザインされたジョンモーテンセンの傑作。
日本ではあまりなじみがありませんが、同じデンマークのフリッツハンセン社と並ぶ家具メーカーです。

海外での評価は高く、同じものの海外相場が1台約45万ほどと
高額で取引されています。

IMG_2345.jpg


こちらも今回2台入荷していますが、
一台はサイドのベルトが切れて補修されています。

今回ご紹介した商品のうち、
カストラップチェアと4521イージーチェアはかなりレアな商品となります。

ユーズド家具のため、経年のダメージなど、どれもありますので、
気になる方はぜひ1度ご来店いただき状態をご確認ください。


A店 (1号店)
東京都目黒区目黒3-11-5 青木ビル1F
1st Store
Aoki Bld. 1F, 3-11-5 Meguro Meguro-ku Tokyo
03-6423-2595

B店 (2号店)
東京都目黒区目黒3-11-8 第二ヴィラカーム1F
2nd Store
Villa Calm 2 - 1F, 3-11-8 Meguro Meguro-ku Toky
03-3713-3518

D店 (3号店)
東京都目黒区目黒4-11-7 スダビル 1F
Suda Bld. 1F,4-11-7 Meguro Meguro-ku Tokyo
03-6303-1991

E店 (4号店)
東京都目黒区中町1-6-9 パーク目黒 1F
Park Meguro1F,1-6-9 Nakachou Meguro-ku Tokyo
03-6303-0041












スポンサーサイト